2021年は新型コロナウイルスとの戦いであり、コロナ禍における闘いであった。そして選挙の年でもあった。コロナは菅政権という一つの内閣を倒した。  岸田政権は10月31日、総選挙を実施した。結果は、自民党の「絶対安定多数」、野党の惨敗であった。